皇帝ナポレオンが愛した勝利の香り。

ランセは、香水産業発祥の地南仏グラースで1795年に、それまでの賦香皮手袋製造を中止、新しく香水ハウスとしての道を歩み始めました。 以来、一年を通じて栽培される豊富な芳香植物を香料として、オーデコロン、フラワーウォーター、エッセンス、芳香軟膏、美容クリームやルームコロンなどを発売してきました。

フランス革命の後、ナポレオン・ボナパルトの寵愛を受け、彼のために香水“ル・ヴァンカー”(フランス語で「征服者」の意)を、その妻ジョセフィーヌには“ジョセフィーヌ”、など数々の香水や化粧品を献上したことで有名となりました。

19世紀の末に後継者となったアレクサンドル・ランセは、香水ビジネスの本拠地をイタリアのミラノへ移し、今日まで代々伝統が受け継がれています。彼は食品で使用する高品質で無臭の油脂を用いて、クリーミーで繊細な香りの高級せっけんを開発、ランセの名は益々有名となりました。

現在の当主は、ランセ家で初の女性、ジャンヌ・サンドラ・ランセ。 そして、次なる後継者となる息子のジョバンニ・ランセが、共に現在のランセを支えています。

オンラインショッピング

ランセの発祥、南仏“グラース”

ランセ一家がグラースで皮手袋製造を営んでいたストリートの名前は“リュー・ランセ”(ランセ通り) ここからランセの歴史はスタートしました。

ランセ ダイナスティー

1700年の初頭から、賦香皮手袋メーカーとしてランセファミリーのビジネスを支え続けたファミリーの歴史。1795年からは香水ビジネスに転換、200年以上、今日まで脈々と受け継がれた香水ビジネスの当主達。


ランセ “インペリアルシリーズ”1800年代のフォーミュラシートby フランソワ・ランセ


オンラインショッピング
ランセ 販売店
阪急うめだ本店、阪急メンズ東京、阪急大阪メンズ館、名古屋名鉄メンズ館、IR大阪三越伊勢丹、大丸東京、 和光、西武池袋、そごう横浜
プライバシーポリシー |  特定商取引 |  ご注文方法 |  サイトマップ |  お問い合わせ